適切なスキンケアが大切

私は1年の中で、もっとも肌荒れがひどくなるのが春です。
季節的にはようやく暖かくなってきて、気分も最高と行きたいところです。

しかし、肌の荒れやかゆみが気になってしまい、それだけでも気分が滅入ってしまうことがあります。
肌荒れの原因は乾燥した空気と花粉などによる肌の炎症です。

顔が痒くなってしまうので、つい爪で掻いてしまうと、すぐに赤くなってしまいます。
さらにもともと肌あれで肌が薄くなっている上に、さらに薄い皮が剥けてしまい、時には出血してしまうこともあります。

以前は皮膚科に通っていたこともありましたが、今は自分でスキンケアを行うだけで何とかなるようになりました。
ひどくなってくると、後が残ってしまいます。

今でも10年以上前の肌荒れの後遺症が残っているものもあります。
しかし、肌荒れで傷ついた肌も丁寧で正しいスキンケアを行うことで、状態は大きく変わっていきます。

春はとにかく痒くても爪で掻かないようにして、痒くなったらすぐに医薬品のクリームを付けるようにしています。
肌の痒みは何らかの原因で肌がカサついて起こる場合が多く、刺激を感じやすくなっているようです。

そのため、洗顔後に拭き取り化粧水ランキングで見つけた化粧水でメイクをしっかり拭き取って肌をなるべく清潔に保ち、すぐに適切なクリームをつけることで、刺激を無くしてかゆみも抑えることができます。
このことが分かるようになったのは最近のことです。

拭き取り化粧水とクリームですぐにケアを行うようになってからは、かなり肌荒れも良くなってきました。
一番良いのは春になっても肌荒れが起こらないことです。

しかし、そのためには肌を根本的から改善していくしかありません。
そのためには生活習慣や食生活を見直していくことが必要です。

良質なたんぱく質が肌にも良いことを知りました。
さらにビタミンCは肌の老化を防いでくれることもわかりました。

たんぱく質を摂るようになってからは、肌の調子が少しずつ良くなってきたような気がします。
さらに髪の毛の状態も良くなっているようです。

今後は1年を通して肌荒れの悩みがなくなるように、このたんぱく質とビタミンCの2つを意識して摂っていこうと思っています(^_^)。