化粧水オンリーは駄目でした

昔、スキンケアで失敗したことが何度もありました。

そのうちの一つが、化粧水オンリーでスキンケアを済ませるというものでした。

このスキンケア方法に魅力を感じた点は、以下の通りです。

まず、色々と買う必要がないのでお財布に優しいこと、次に、洗顔後やお風呂上りに色々なアイテムをつける時間が遥かに短縮出来ること、また、色々なアイテムをつけないため、肌に触れる回数が減り、肌への負担が少なく済むことでした。

何だか良いことずくめのように感じたので、この方法を聞いてからは保湿の機能が高めの化粧水のみでスキンケアをしていました。

実践し始めた最初の頃は、肌が突っ張って皮脂が出てきている感じがしましたが、これは切り替えた最初の頃の反応として説明されていましたので、「我慢の時期だ!」と思ってそのまま頑張っていました。

一週間ほど続けていると、確かに肌自体が元気になっているように思いました。最初の頃のように皮脂が出過ぎることもなく、肌がするっと滑らかな手触りになっていました。そしてほうれい線も薄くなっていました。

しかし、さらに続けていると……、目元にちりめんじわが!!(´Д`;)

よくよく見てみると、他の部分にも異変が起きていました。ほうれい線のあたりに細かいしわ予備軍が出たり、額に昔の傷跡がうすーく浮かび上がっていたり。

それだけ続けてやっと、自分の肌が乾燥していることに気づきました。嫌な汗をかいても、それが保湿につながることはありません。

慌てて元のラインに戻し、保湿を行いましたが、なかなか元には戻りませんでした。

結局、するするとした感触になっていたのも、ほうれい線が薄くなっていたのも、乾燥で水分の少なくなった肌が引っ張られていただけだったのかもしれません。あるいは、栄養補給が少ないことによって肌断食のような状態になって、一時的に調子が上向いていたのかもしれません。

どちらの理由によるものかはわかりませんが、いずれにしても、ずっと続けていくのは危険なことだと判断しました。それ以降は、化粧水オンリーのスキンケア方法は一度も行っていません。(´・ω・`)