ナイトパウダーでスキンケア後のベタつきを解消

・〇〇で肌のベタつきを回避
筆者には長いこと悩んでいたことがあります。
それは夏場の肌のベタつきです。

夏になると肌質問わず顔はベタつきやすいものですが
顔がベタつくたびあぶらとり紙を使って皮脂を取ったりしていました。
そこで分かったのが皮脂をあぶらとり紙で取ると必要な皮脂まで取れるので
あぶらとり紙の多用はNGだということです。

暑くて顔がベタついてくるとあぶらとり紙がダメなら洗顔しかないと
今度は洗顔をするもそれもそれで水だけでしないと洗いすぎで乾燥します。

「ではどうしたら?」と思いそれ以降、スキンケアを模索してスキンケアに1品足すだけで
肌の不快感がなくなることに気付きました。

・スキンケアにナイトパウダーを足す
筆者は混合肌で顔のTゾーンがテカりやすい肌です。
いつも洗顔が終わったあとには一連のスキンケアをします。

スキンケアをしたあとはそのあとは1年を通してなにもしていませんでした。
そうすると夏場は寝ている間に暑いのもあって肌が皮脂を分泌してしまって
翌朝になると顔がベタついていてそれがとても嫌でした。

このベタつきからはどうやったら回避できるのか。
それが課題となり、ネットで色々と探しているときに見つけたのが「ナイトパウダー」です。
このナイトパウダーには肌にいい保湿成分や美容成分も盛り込まれていています。
ただ顔の表面の不快感を取り払うだけではなく、塗ったあとに寝ている間にその効果が
肌のターンオーバーに沿って働く仕組みのようです。

ナイトパウダーを使うようにしてからは顔のベタつきに悩むことはなくなりました。
寝る前に塗るだけなので簡単ですし、朝起きてからも顔がカサついておらずベタついていることもなくちょうどいい状態で起きられるようになりました。

ナイトパウダーは商品によっては日中に薄化粧用として用いることもできるので
肌への負担を軽減できる便利な商品です。

私が使っているのはクラブから発売されている「すっぴんパウダー」という商品のパステルローズの香りがついているものです。
塗ったときにとてもいい匂いがするのでローズの香りがするパウダーが好きな人におすすめです。
「つけたまま寝れるスキンケアパウダー」というキャッチコピー通り、スキンケアの延長として使えます。